引越しで住民票を移す手続き

他の市町村に引越したら、住民票も新住所に移す必要があります。住民票を移す手続きは、すべて市町村の役所でできます。まず旧住所がある市町村の役場で「転居届」を提出して転居の手続きをします。その際に本人を確認できる運転免許証や旅券などの身分証明書や印鑑が必要になります。役場の窓口に転居届を提出すると、「転居証明書」がもらえます。それを引越しをするまで大事に保管しておくようにします。そして新しい住所に引越したら、新しい市町村の役場の窓口で「転入届」と「転居証明書」を提出します。それで住民票を移す手続きはすべて完了です。なお、転居届は引越しをする14日前までに、転入届は引越しをしてから14日後までに提出する必要があります。なお、代理人に任せることもできます。その場合は委任状と代理人自身の身分証明書と印鑑が必要になります。

賃貸アパートからの引越しの手続き

新しい賃貸アパートに引越しをすることになったら、現在住んでいる賃貸アパートの賃貸契約を解約する手続きをする必要があります。賃貸からの引越しの意思を大家さんに伝える「退去通知期限」や解約のしかたについては、それぞれの物件によって違い、だいたい借りたときにもらう書類に記載されてあります。退去する1か月以上前や2か月以上前に解約手続きを済ませなければならない場合が多く、少しでも遅れると家賃一か月分や二か月分ほどの違約金が請求される場合があります。その辺の解約手続きに関するペナルティーについても、賃貸契約をしたときにもらう書類に記載されてあるので、引越しすることが決まったら早めに確認することが大切です。また、敷金の精算などもあるので、引越し日までに大家さんと連絡を取って部屋の状態を確認してもらう必要があります。

引越しの手続きは早めにしよう

新しい引越し先が決まったら、引越しにかかわる諸々の手続きを早めに済ませてしまうことをおすすめします。転居届は、引越しをする14日前までに住んでいる住所がある市町村役場に届け出る必要があります。届け出るときには、身分を証明できる顔写真つきのパスポートや運転免許証などの証明書と、印鑑が必要になります。転居届を提出すると転居証明書が発行されるので、それと転入届を一緒に新しい住所がある市町村役場に提出すれば、住民票の住所変更の手続きができます。なお、市役所に行く時間がない場合は、代理人に任せるか、あるいは郵送で済ませることもできまさす。国民健康保険に加入している場合は、資格喪失と加入の手続きが必要になります。なお、同一の市町村への引越しの場合は、住所変更の申し出も、国民健康保険の資格喪失の申し出も不要です。